今日もオーストラリアハイロー・バイナリーオプションで取引!!


10月29日(木)

今日は、午前中のトレードでした。やはり午前中の方がトレードはやり易い

感じがしています。ドル円・ユロドルの2通貨の挑戦でした。ドル円の動きが

あまりいい感じではなかったので、ユロドルに切り替えたりしながらの取引

です。・・あっ!そうそう、私が使っているインジは、フィボナッチ・ライン・ボ

リンジャーバンドの3種類です。メジャーなものばかりです。

ここで、フィボナッチを少し自分なりに理解している範囲で書いてみます。

 フィボナッチ:直近高値・安値(0~100%)のラインを引き、押し目買い
  
   戻り売りの目標値を表します。例えば、下降トレンドで高値、天井(0%)

   上から下にフィボを引きます。底(100%)をつけて上に戻るところで

   50%まで戻ったとしますと、半値戻しになりそこにタッチして跳ね返され

   る。・・上昇トレンドに勢いが強い時は、下降トレンドからの戻りがどこまで

   戻る(上がる)のかを見ます。勢いが強い場合は38.2%くらいまで戻し

   50%くらいまでは半値戻し(売り手は、やっとここまで戻ったかと少しホット

   してますね。買い手はまだ上がるだろうと感じているあたりです)。勢いが

   弱い場合は61.8%戻しくらいになってしまいます。これがフィボの見方です

   よね。ただ、フィボが全てではありません。あくまで目安ということを念頭に

   入れておいてください。タッチしたから反転するんだ!というものではありま

   せんので。反転するかもしれないですし、抜けて行ってしまうかもしれません。

   何度も言いますが、フィボはあくまで目安です。かと言って軽視もできません。

   トレードしている世界中の大口投資家は、この目安で判断をもしています。

   

   フィボ引くときも注意して引いてください。引きっぱなしはいけません。よく

   トレード時に引いたフィボをそのままにしておいて、トレードされている方が

   見えますが、これ、大間違いです。相場は常に変化していますので、朝引い

   たフィボが、昼過ぎ・夕方・夜・真夜中まで機能するとは、どなたも思っていま

   せんから。どこにポイントを置いて引くかということです。トレンドが出ている

   山を作った・谷を作ったというところがポイントになりますね。設定さえ間違え

   なければ、これほど重宝するものはないと思います。


   以上が私的に考え・思いがフィボの見解です。間違っていたらごめんなさい!


◎  さて今日のトレードは、どうだったというのですが、今日もあまり芳しくなかった

   感じです。6勝3敗1分けでした。昨日ほどは負けなかったですが、かと言って

   喜ぶほどいい成績ではなかったです。


10月29日トレード時間:朝09:00から11:00頃までのバイナリー経過です。

09:16:07  ドル円、間違いでスプレッド有で入ってしまった。ピボットタッチ・陽線

        2本で3本目でハイエントリー。順張りです。ユロドルの動きをみて入り

        ました。ユロドル・ドル円は、相反する動きをよくすることから。勝ち!

09:20:28  ユロドル、今日はユロドルの動きがこの時間はハッキリしていましたの

        で、ラインタッチでローエントリー。ラインタッチは、直近の高値・安値

        ここの値の場所は、後でも反応すると思うところに引いてあります。

        9:18より買いが入り、9:20で設定していたラインにタッチでロー。勝ち!

09:32:53  ユロドル、BBタッチ・フィボ76.4%タッチ。下から上に上がって来てタッチ

        ローエントリー。BBは上向きでありましたが、これもドル円が陽線にな
  
        っていたので、ユロドルは下がると判断しました。       勝ち!

09:53:34  ドル円。ヒゲなしでハイエントリーでしたが、大間違いしてしまいました。

        1分で入ったつもりが3分判定のほうでインしてしまってました。負け

        覚悟してましたが、大きく下がって、大きく反転しました。ここは大きな

        ファンドが「買い」を入れたという感じでした。1分間でかなりの動きが

        ありました。まさかの勝ちでした。ほんとでしたら間違いなく撃沈してま

        した。それと、1分と3分入るときは確認してから入ること、気をつける。

10:16:02  ユロドル。BBタッチでローエントリー。上昇ぎみだったが、BBタッチで

        下に1本は陰線になると判断したが、買いが強い。BBの広がりもあま

        りなかったようだが、こういうときは1本様子を見る必要がある。

10:20:30  ユロドル。フィボ38.2%タッチ。下から上がって来たところで、フィボ

        タッチ。ローエントリー直近のレンジでのラインも機能している感じ。

10:28:49  ドル円。10:27にBBタッチ。1本様子見て入るが、これが間違い。

        BBタッチした次の足で入るべきだった。

        負け画像もどうぞ、見てください。

無題6


10:37:30  ユロドル。フィボ50.0%タッチでローエントリーしたが、負けました。

        普通50.0%フィボタッチして反発するし、前の直近のレンジでも

        抑えられている判断だったが、焦ったのかなあ~。  負け

10:42:21  ドル円。ローエントリー。ここは、何の判断もなく栽量になってしま

        った。BBセンターラインを抜けたくらいの判断でしたが、まさかの

        勝ち。・・・これも画像見てください。

無題7


10:46:47  ドル円。順張り。BBも下向きであった。バンドウォークして

        いる。これならいけると判断してのエントリーしたが、ここも

        まさかまさかのドロー。なんで?そりゃないよ!という結果。


履歴です:

無題8


どうも、今一つうまくいかないですね。勝率8割をいつも念頭にしているん

ですが。欲張りかもしれませんが、勝てるときに勝っていかないと負けが

込んでくると採算が取れないですから。

今日の勝率は、67.7%でした。まだまだです。

ですが、バイナリーはおもしろい!!どんどん深みにはまっていき

ます。このくらいの刺激がなくては、オジンには面白くないですね。

何もせずにただ老けていくのは、耐えられません。年金貰って、テレビ見て

庭でもあれば、庭いじり。誰も相手をしてくれない。ただ時間がすぎていくだ

けの毎日。こんなのは、御免です。生きている証にバイナリーします。

勝って一人喜んで、負けて悔しがって。いいんじゃないでしょうか!!

こんな毎日、相手してくれる人なんかいりません。チャートと向き合って

渾身の知恵絞って、トレードする緊張感。あなたにありますか?

こんな時間!!!


今日はこれにて閉店といたします。・・・よかったら閲覧していってください!

また、明日!